• トレーニングの翌日も、スッキリと目覚めたい
  • 早朝のトレーニング後、仕事に支障をきたしたくない
  • 競技の最後まで切れないスタミナが欲しい
  • 筋肉痛を長引かせたくない
  • 休日のイベントに全力で参加したい

このような悩みを解消し、
最高のパフォーマンスを
発揮したいなら

井戸木 鴻樹KOKI IDOKI

2013年全米プロシニアゴルフ選手権優勝

VOICE-01

目覚めスッキリ!
疲れが翌日に残りません

カルノパワーを飲みだして2日、3日くらいですぐに身体に変化を感じられました。まず朝の目覚めが良くなって、起きてすぐに行動できるようになりました。

さらに私はお酒が好きで、夜飲むと朝に身体がむくんでしまうことが多いのですが、カルノパワーを飲みだしてからは、むくみもほとんど感じない日々を過ごせるようになりました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

土井雪広YUKIHIRO DOI

2011年 日本人として初出場・完走
UCIワールドツアー ブエルタ・ア・エスパーニャ

VOICE-02

朝のモチベーションが
各段に違う

1番感じたのは、朝すっきりした状態でトレーニングに励めたことです。
カルノパワーを飲む前は、朝起きて練習するのがつらかったのですが、朝の疲れ、だるさが変化して朝目覚ましをかけなくても起きられるようになりました。
モチベーションも上がり毎朝2時間のトレーニングで、3ヵ月で10㎏も減量しました。カルノパワーのおかげだと思っています。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

西内 洋行HIROYUKI NISHIUCHI

2000年シドニーオリンピック代表
2004年アテネオリンピック代表

VOICE-03

寝起きが明らかに違い、
スッと起きれる

朝の寝起きから明らかに違うことを感じ、摂った日はスッと起きられます。毎朝同じトレーニングを続けているからこそ、その違いがはっきりとわかるのです。

プロテインは液体で飲みやすい反面、沢山の量を飲まなければならないですが、カルノパワーはカプセルタイプなので手軽に飲めるところが気に入っています。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

筋肉成分
『カルノシン』による
回復力が違う

疲労の蓄積により酸性に傾く筋肉を、強力な抗酸化力で守る「カルノシン」。その多くはヒトの筋肉や脳に含まれ、カルノシン濃度を上げることで、持続的な筋肉パフォーマンスと集中力を可能にします。

極限に高めた
『アミノ酸』
効率的な吸収力

「カルノシン」は筋肉に必要なアミノ酸。摂取すると速やかに分解され、筋肉中で再合成されます。カルノパワーは、製薬会社ハマリが国内で唯一製造する「カルノシン」を高配合し、極限まで筋肉にアプローチします。

パフォーマンスが
『高い人ほど注目』

疲労物質にアタックする「カルノシン」は長時間の筋肉負荷がかかる渡り鳥の胸肉に多く、ヒトでは足の筋肉に含まれています。筋肉中のカルノシンを増やすことにより、運動パフォーマンスが高まります。



POINT 01

パフォーマンスの
ピークをコントロール

競技中、カラダは常に疲労と戦っています。疲労とパフォーマンスのバランスを理解し、勝負の場面で一番の力を発揮できるようにカラダをコントロールすることが大切です。

POINT 02

遅筋・速筋を味方につける
筋肉づくり

短距離走などの瞬発力で使われる「速筋」と長時間の持久力で使われる「遅筋」。 すべてのスポーツがこの2つの筋肉の働きで構成されています。

POINT 03

疲労と回復の繰り返しで 得る成長

運動により疲労した筋肉が修復されるとき、カラダはより強く安定した力を発揮することができます。

ロイシン

ロイシンは、BCAAと呼ばれる体内では作り出すことができない必須アミノ酸のひとつです。
ロイシンは筋肉を作るたんぱく質の材料です。

アルギニン

アルギニンは、成長に密接に関わる成分といわれているアミノ酸のひとつです。

クエン酸

クエン酸は、人間の体内でエネルギーを作り出すために必要不可欠な成分です。

コインザイムQ10

コエンザイムQ10は筋肉や心臓に多く存在する成分で、ミトコンドリアでエネルギーを作り出す際になくてはならない成分のひとつです。

インフォームドスポーツ認証取得

「カルノパワー」はアスリートや運動をしている方に安心して使用していただけるように、インフォームドスポーツ認証を取得しています。

※アンチ・ドーピング認証のマークにつきましては商品の製造・在庫状況に応じて、旧マークと新マークの商品が混在する場合がございます。
競技前 AM 8:00

『1時間前摂取』
パフォーマンスを高める

筋肉中のカルノシンは摂取後約1時間で最も身体に行き渡り、ベストパフォーマンスを引き出します。パフォーマンス力の高い選手ほど、筋肉中のカルノシン濃度も高い傾向にあります。

競技中 AM 12:00

疲労に負けない
もうひと踏ん張りをサポート

筋肉中のカルノシンは運動により消費され、負荷がかかることで疲労物質である活性酸素が蓄積されます。競技やレース時にカルノパワーを摂取することにより、筋肉中のカルノシンの濃度を保つことでもうひと踏ん張りしたいその時をサポートします。

カルノパワー摂取サイクル
就寝前 PM 11:00

『睡眠前摂取』
筋肉疲労を翌日に持ち越さない

睡眠は筋肉や脳の疲労回復の重要なファクター。睡眠の質は翌日の競技やトレーニングにダイレクトに影響します。カルノパワーを摂取することで、疲労物質を軽減し、睡眠中の超回復により、限界を感じさせない次の日を可能にします。

カルノパワーで目覚めの良さを実感
翌朝 AM 7:00

目覚めの良さを実感
理想のトレーニングが
毎日できる

1日のはじまりがその日のモチベーションを左右します。カルノパワーの超回復により、すっきりとした朝の目覚めが可能になることで、理想のトレーニングが継続できます。

CASE 01

がっつり競技を楽しみたい・強くなりたい!

ー大阪府在住 40代 渕上さん

競技中は『毎日8粒、2時間おきに2粒』

自分がどのくらいの力加減でどんな実力を出せる、というのは把握しているのですが、カルノパワーを飲み始めて「このくらいで限界を感じる」と思うことがほとんど無くなり、驚きました。また、翌日の目覚めが変わったと感じるので、練習にもいい影響になっています。

CASE 02

仕事とスポーツ、両立して楽しみたい!

ー山形県在住 40代 マコリンさん

毎日食後に『朝2粒、昼夜1粒』
連日のトレーニングで脚に疲労感はあるにせよ「なんとかなる」という体感が続いています。平日の限られた時間の中で毎日トレーニングを続けるのに心強く、実際パフォーマンスが向上しているゾーンもあり、年齢をのことを考えても驚いています。日々の社会生活でも眠気や疲労感が少なかったり常に頭がアクティブな体感があるのも、カルノシンの効果なのかもしれません。

CASE 03

朝練の後に学校へ。勉強もスポーツも!

ー関西在住 中学1年生 桑原さん

夕食後『4粒』、試合後『8粒』
朝起きるのが苦手で、朝練でも脚がなかなか動かなかったけれど、カルノパワーを飲んでから朝がスッキリして、脚も動くようになりました。運動後もですが、夜寝るのが少し遅くなっても次の日に残っていないのがいいです。

※年齢は取材当時の年齢になります。
※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

Team UKYO Reve

住吉大社SC